So-net無料ブログ作成
検索選択
前の2件 | -

2016年の第13回本屋大賞は、宮下奈都さんの『羊と鋼の森』に!受賞後重版で50万部突破!! [文学]

スポンサーリンク


『2016年本屋大賞』(NPO法人 本屋大賞実行委員会主催)の発表会が4月12日、東京都にある明治記念館で行われました。

本屋大賞というのは、『全国書店員が選んだいちばん! 売りたい本』をキャッチフレーズにして、作家・文学者は選考に参加せず『新刊を扱う書店(オンライン書店を含む)の書店員』の投票によってノミネート作品および受賞作が決定される文学賞です。

一次投票・二次投票にはそれぞれ、全国435書店から552人・276書店から331人もの投票があったそうです。
昨年よりも書店・投票数が少し減っています。
二次投票ではノミネート作品をすべて読んだ上でベスト3を推薦理由とともに投票するという方法が取られています。

今回、栄えある大賞に輝いた作品は、宮下奈都さん(49)の著書『羊と鋼の森』(文藝春秋)です。
20160412honya.jpg

出典 YAHOO!JAPANニュース
発行部数は、大賞受賞により4月14日に重版(11刷 17万部)が決まって、50万2,500部になるほどの売れ行きだそうです。

ストーリーは、北海道の山間部で育った青年がピアノの音に魅了され、ピアノ調律師として成長していく物語となっています。

心の中の理想のピアノの音を探し求める青年が、職場の先輩・お客さんたちとの交流を通して悩み励まされながら自分の道を見つけ出していく姿が繊細かつみずみずしく描かれています。

宮下奈都さんは福井県出身。
福井県立高志高等学校を卒業後、上智大学文学部哲学科を卒業。
2004年に、3人目の子供を妊娠中に執筆した『静かな雨』が第98回文學界新人賞佳作に入選したことから小説家としてデビューされています。

2013年から1年間、北海道の新得町に家族5人で山村留学を経験されていて、その経験をもとに今回の『羊と鋼の森』を執筆されたんでしょうね。
第13回本屋大賞受賞のほかに、第154回直木三十五賞の候補にも選ばれていました。

気になる10位までの作品は以下のとおり。

順位カバー画像作品名作家名出版社得点
大賞羊と鋼の森宮下奈都文藝春秋372点
2位 君の膵臓をたべたい住野よる双葉社327.5点
3位 世界の果てのこどもたち中脇初枝講談社274点
4位 永い言い訳西川美和文藝春秋261点
5位 朝が来る辻村深月文藝春秋229.5点
6位 王とサーカス米澤穂信東京創元社226.5点
7位 戦場のコックたち深緑野分東京創元社223点
8位 東山彰良講談社99点
9位 教団X 中村文則集英社93点
10位 火花又吉直樹文藝春秋46点

(画像をクリックすると楽天ブックスに飛びます)

本屋大賞には『翻訳小説部門』というものもあり、こちらはガブリエル・ゼヴィン(著)、小尾芙佐(訳)の『書店主フィクリーのものがたり』(早川書房)が第1位に選ばれています。

何か本を読みたいけど何が良いのかわからないという人は、ランクインしたものから1冊手に取ってみても良いかもしれませんね。


スポンサーリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

SMAP解散問題の真相解明、新ユニット誕生か!?不買運動で解散阻止できる?? [芸能]

スポンサーリンク


日本人なら誰もが知っている、国民的アイドルグループであるSMAP(スマップ)の解散報道が話題になっています。

当初スポーツ紙やワイドショーでは、SMAP育ての親であるマネージャーの飯島三智さんが独立することになり、それに同調する形で中居さん、稲垣さん、草彅さん、香取さんも飯島さんについていく決心をし、こと木村拓哉さんだけがジャニーズに義理立てして残ることになったと報道されています。

これにより、5人が同じ事務所に所属しないことになるため、事実上SMAPは解散となるというものでした。

2016.01.14SMAP.jpg

出典 girlschannel.net

しかし、真相は以下のとおりという可能性が高いそうなんです。

『週刊新潮』によると、飯島三智さんは独立するというよりは、ジャニーズ事務所の副社長・メリー喜多川さんにパワハラを受けて解雇されてしまったとのこと。

これは飯島さん自身が、メリーさんから『辞めてしまえ』とパワハラを受け退職に追い込まれたと発言していると週刊新潮は記事を書いています。

そのメリーさんから飯島さんへの圧力の原因は、ジャニーズ事務所内での派閥争いが発端。

SMAPを育てた飯島三智マネージャーと、TOKIO・嵐・V6などを手がけたメリー喜多川副社長の娘である藤島ジュリー景子さんとの対立がそもそもの問題らしいです。

実はかなり前からジャニーズ内のタレントも両派に真っ二つに分かれていて、ほとんど共演もないという状態が続いていました。
それでも2年ほど前までは、この二つの勢力は仲が悪いなりにも共存できていたのに・・・。

今回の事件は、ジャニーズ副社長のメリーさんが娘かわいさのあまり、娘が敵対している飯島さんとSMAPに激しい圧力をかけ始めたことが本当の原因のようです。

一応は、去年2015年9月に飯島さんの契約が切れるタイミングで飯島三智さんがSMAPメンバーを連れて独立するということで話がまとまっていたのですが、12月になって木村拓哉さんが『ジャニーズに残る』と言い出し事態は急変。

ワイドショーでは木村拓哉さんが『事務所に筋を通した』と評価され、中居正広さん、稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんが飯島マネージャーにそそのかされて独立しようとしているとされています。

どちらが正しい、悪いと言うことは判断が難しいですが、5人の足並みが揃わなかったことがSMAP解散・分裂の要因となったんですね。

木村さんはメンバーで唯一既婚者であり、妻の工藤静香さんからの説得があって苦渋の決断をしたのでは?とも言われています。

ここへ来て、一度はジャニーズ事務所離脱を決意した中居さん・稲垣さん・草彅さん・香取さんも、情勢を判断してか事務所残留を考えているとかいないとか。

それを事務所側は拒否しているとも報道されています。

いつも世も強い権力を持つものが歴史的に正しいとされ、弱い者が悪とされるもの。
真相はわからないままとなるかもしれません。

ですが、『このまま黙って解散させるわけにはいかない!!』と立ち上がるファンの方もいらっしゃいます。

スマップの解散を阻止するために、2003年発売のシングル『世界に一つだけの花』の購買運動がツイッター上で展開されているのです。

世界に一つだけの花 [ SMAP ]

世界に一つだけの花 [ SMAP ]
価格:1,188円(税込、送料込)



運動への賛同の声は拡散中で、ハッシュタグ『#世界に一つだけの花』を付けてファンがTwitterでツイートしています。
その結果、ネット通販サイトでは『世界に一つだけの花』のCDが品切れになっているそう。

ただ、『CDを買うことが解散を阻止することになるのか?』という否定的な意見もあり、『むしろ不買運動をすべき』、『署名活動をしよう!』との声もネット上であがっています。

もうしばらくするとSMAPがどうなるのか決着が付くでしょうが、世間が納得する結末を迎えてほしいものですね。

『SMAP』というグループ名は消滅するかもしれませんが、5人が揃うことができれば別のグループ名で活動続行することもできるかもしれません。

SMAPの兄貴分で、かつてジャニーズ事務所に所属していたアイドルグループ『光GENJI』の諸星和己さんも心配してくれているそうで、冗談混じりに『人数足りないのならオレ入ろうか?グループ名はSTOP(ストップ)で(笑)』と励まして?くれています。

その他芸能人も応援・心配のコメントを寄せており、1月14日の毎日新聞も紙面の見出しのほとんどに、『青いイナズマ 白星発進』(サッカーU23記事)、『お帰り 世界に一つだけ 地元の華』(NFL記事)、『プロ25年目にKANSHAして』、『216安打 今年もらいおんハート』(プロ野球記事)などというSMAPの曲のタイトルを織り交ぜた記事を掲載しています。

日本国民の大半が危惧しているスマップの進退。
あなたは、SMAPのために何をしますか?


スポンサーリンク

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
前の2件 | -