So-net無料ブログ作成
検索選択

福岡ソフトバンクホークスが今年も日本一に!2年連続連覇の快挙!! [スポーツ]

スポンサーリンク


熱戦を制して、工藤公康監督率いるソフトバンクホークスが日本一になりました!

日本シリーズは4勝1敗と危なげなく勝利。

パ・リーグのペナントレースを90勝という圧倒的な強さで優勝しただけあって、セ・リーグの覇者東京ヤクルトスワローズに対しても余裕!?の試合運びだったのではないでしょうか?

1戦目ソフトバンク・2戦目ソフトバンク・3戦目ヤクルト・4戦目ソフトバンクと続いた今日、5戦目の勝負を決めたのは、ソフトバンクの主砲イ・デホ選手。

ヤクルトの真中監督がビデオ判定を要請したものの、レフトのポールの上を超えた打球の判定は覆らずホームラン

アウェーのプレッシャーをものともしないようなイ・デホ選手の活躍でした。

9回にヤクルトのバーネット選手の投げた球がイ・デホに当たるというアクシデントがありましたが、その9回にソフトバンクが1点を追加。

そして5対0で迎えた9回ウラ。

最後の打者はまたしても雄平選手。

ツーストライクワンボールで迎えたラストは三振。

今年のプロ野球日本シリーズは、福岡ソフトバンクホークスが2年連続7回目の日本一に輝きました。

就任1年目の工藤公康監督は、敵地神宮球場でクライマックスシリーズと同じく9度宙を舞い、勝利の喜びを選手たちと分かち合っていました。

ヤクルトは、第3戦目にトリプルスリーを達成した山田選手が日本シリーズで史上初となる3打席連続ホームランをたたき出しましたが、投打がかみ合わず残念な結果に。

同じくトリプルスリーを達成した柳田選手のソフトバンクに軍配が上がりました。

今年はセ・パの力の差がかなり出たシーズンでしたが、来年は実力の差を埋めてもっと盛り上がってほしいです!

ちなみに、日本シリーズのMVPはソフトバンクのイ・デホ選手、敢闘賞はヤクルトの山田選手が選ばれました。


スポンサーリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。