So-net無料ブログ作成
検索選択

カラーバターってなに?種類は?オススメは?値段は?色持ちする? [美容]

スポンサーリンク







みなさんカラーバターって知ってますか?



『バター』なので食べ物を連想してしまう方もいると思いますが、これはヘアカラーとトリートメントを同時にできるという優れものなんだそうです。

髪を染めるというと、脱色して好みの色を髪の毛に入れるというイメージで、痛かったり髪の毛がかなり傷んでしまったりしますよね。

でもこのカラーバターは髪の美容成分が入っているので、染めてからも髪の調子はかなり良いらしいです。

気になる成分は以下のとおり。

①クパスバター・・・別名『神様の贈り物』と呼ばれる豊富な栄養素を含むカカオ科の果実。
髪の毛にツヤを与え保水力を高める役割があります。

②プラセンタエキス・・・プラセンタは英語で『胎盤』を意味します。
アミノ酸やミネラルなどが豊富に含まれていて、髪と頭皮のケアをする役割があります。

③ヒアルロン酸ナトリウム&植物性たんぱく加水分解物・・・ヒアルロン酸ナトリウムは、ヒアルロン酸ナトリウム1グラムに対して大体2リットルのペットボトル3本分という驚異的な保水力がある成分です。これに加水分解した植物性のたんぱく質を加え、髪内部の水分と栄養を外に逃さず髪の毛の外部からのダメージを軽減する役割があります。

これらの成分によって、髪にダメージを与えることなく、むしろ髪をトリートメントしながら染髪ができるのです。

使い方も簡単。
25種類以上ある色から好きな色を選ぶ、もしくは絵の具のように自分で好みの色を混ぜ合わせて髪全体に塗布⇒よくもみ込む⇒15分程度置く⇒洗い流すだけ!

気になる色持ちの期間ですが、大体1~2週間ぐらいだそうです。
お手持ちのトリートメントに混ぜて使うと効果が長持ちするようです。

また、普通のカラーだけでなく白髪染めにも使えるということで、汎用性が高いのも魅力のひとつですね。
ただ、白髪染めをするのは推奨されている訳ではないようですので、白髪染めでご使用の方をお気を付けを。しっかり白髪を染めたい場合はやはり白髪染めが良いそうです。

お値段は、200gで2,880円(2014年10月25日現在)。
髪の長さや量にもよりますが、肩ぐらいまでの髪の長さの女性なら3~5回ぐらいは使えるのではないでしょうか。

美容院に行ってやってもらうことを考えればかなり安いですし、自分で好きな色を調整できるのも使いやすくてイイですね。

美容師さんからしたら商売あがったりで困るかもしれませんが、自分でお手軽に髪染めをしたいという方は一度試されてみては?

Amazonでオススメのカラーバターを探す

ウィッグが気になる方はこちら



スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。