So-net無料ブログ作成
検索選択

2016年の第13回本屋大賞は、宮下奈都さんの『羊と鋼の森』に!受賞後重版で50万部突破!! [文学]

スポンサーリンク


『2016年本屋大賞』(NPO法人 本屋大賞実行委員会主催)の発表会が4月12日、東京都にある明治記念館で行われました。

本屋大賞というのは、『全国書店員が選んだいちばん! 売りたい本』をキャッチフレーズにして、作家・文学者は選考に参加せず『新刊を扱う書店(オンライン書店を含む)の書店員』の投票によってノミネート作品および受賞作が決定される文学賞です。

一次投票・二次投票にはそれぞれ、全国435書店から552人・276書店から331人もの投票があったそうです。
昨年よりも書店・投票数が少し減っています。
二次投票ではノミネート作品をすべて読んだ上でベスト3を推薦理由とともに投票するという方法が取られています。

今回、栄えある大賞に輝いた作品は、宮下奈都さん(49)の著書『羊と鋼の森』(文藝春秋)です。
20160412honya.jpg

出典 YAHOO!JAPANニュース
発行部数は、大賞受賞により4月14日に重版(11刷 17万部)が決まって、50万2,500部になるほどの売れ行きだそうです。

ストーリーは、北海道の山間部で育った青年がピアノの音に魅了され、ピアノ調律師として成長していく物語となっています。

心の中の理想のピアノの音を探し求める青年が、職場の先輩・お客さんたちとの交流を通して悩み励まされながら自分の道を見つけ出していく姿が繊細かつみずみずしく描かれています。

宮下奈都さんは福井県出身。
福井県立高志高等学校を卒業後、上智大学文学部哲学科を卒業。
2004年に、3人目の子供妊娠中に執筆した『静かな雨』が第98回文學界新人賞佳作に入選したことから小説家としてデビューされています。

2013年から1年間、北海道の新得町に家族5人で山村留学を経験されていて、その経験をもとに今回の『羊と鋼の森』を執筆されたんでしょうね。
第13回本屋大賞受賞のほかに、第154回直木三十五賞の候補にも選ばれていました。

気になる10位までの作品は以下のとおり。

順位カバー画像作品名作家名出版得点
大賞羊と鋼の森宮下奈都文藝春秋372点
2位 君の膵臓をたべたい住野よる双葉社327.5点
3位 世界の果てのこどもたち中脇初枝講談社274点
4位 永い言い訳西川美和文藝春秋261点
5位 朝が来る辻村深月文藝春秋229.5点
6位 王とサーカス米澤穂信東京創元社226.5点
7位 戦場のコックたち深緑野分東京創元社223点
8位 東山彰良講談社99点
9位 教団X 中村文則集英社93点
10位 火花又吉直樹文藝春秋46点

(画像をクリックすると楽天ブックスに飛びます)

本屋大賞には『翻訳小説部門』というものもあり、こちらはガブリエル・ゼヴィン(著)、小尾芙佐(訳)の『書店主フィクリーのものがたり』(早川書房)が第1位に選ばれています。

何か本を読みたいけど何が良いのかわからないという人は、ランクインしたものから1冊手に取ってみても良いかもしれませんね。


スポンサーリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

2015年の第12回本屋大賞は、上橋菜穂子さんの『鹿の王』に決定!気になる上位10作品は?? [文学]

スポンサーリンク


『2015年本屋大賞』(NPO法人 本屋大賞実行委員会主催)の発表会が4月7日、東京都にある明治記念館で行われました。

本屋大賞というのは、『全国書店員が選んだいちばん! 売りたい本』をキャッチフレーズにして、作家・文学者は選考に参加せず『新刊を扱う書店(オンライン書店を含む)の書店員』の投票によってノミネート作品および受賞作が決定される文学賞です。

今回の選考は、2013年12月1日から14年11月30日に刊行された国内のオリジナル小説を対象に実施され、2014年11月1日の一次投票から始まって2015年3月1日に二次投票を締め切り、4月7日の結果発表を迎えました。

一次投票・二次投票にはそれぞれ、全国461書店から580人・286書店から342人もの投票があったそうです。
二次投票ではノミネート作品をすべて読んだ上でベスト3を推薦理由とともに投票するという方法が取られています。

ただの人気投票ではなく、まさに『全国書店員が選んだ』価値ある1冊というわけですね。

その中で栄えある大賞に輝いた作品が、上橋菜穂子さん(52)が著した『鹿の王』(KADOKAWA 角川書店)です。

すでに100万部を超えるヒット作で、2015年の第4回日本医療小説大賞(主催・日本医師会)も受賞しています。

さらに上橋さんは国際アンデルセン賞作家賞も受賞している方ですので、今回は選ばれるべくして選ばれたという感じでしょうか。

内容は読んでみてのお楽しみですが、上橋さんお得意のファンタジー長編に仕上がっています。

気になる10位までの作品は以下のとおり。

順位カバー画像作品名作家名出版得点
大賞鹿の王上橋 菜穂子角川書店383点
2位サラバ!西 加奈子小学館310.0点
3位ハケンアニメ!辻村 深月マガジンハウス309.5点
4位本屋さんのダイアナ柚木 麻子新潮社239.0点
5位土漠の花月村 了衛幻冬舎236.5点
6位怒り吉田 修一中央公論新社231.0点
7位満願米澤 穂信新潮社185.5点
8位キャプテンサンダーボルト阿部 和重・伊坂 幸太郎文藝春秋155.0点
9位アイネクライネナハトムジーク伊坂 幸太郎幻冬舎131.0点
10位億男川村 元気マガジンハウス42.5点

(画像をクリックすると楽天ブックスに飛びます)

本屋大賞には『翻訳小説部門』というものもあり、こちらはピエール・ルメートル(著)、橘 明美(訳)の『その女アレックス』(文藝春秋)が第1位に選ばれています。

この機会に、ランクインしたものから1冊手に取ってみても良いかもしれませんね。


スポンサーリンク

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

あのシャア・アズナブルが『AERA』23日発売号のの表紙に!!THE ORIGINアニメは2/28先行上映!? [文学]

スポンサーリンク


皆さんご存知の週刊誌『AERA(アエラ)』(朝日新聞出版)に、いまだに根強いファンが多い『機動戦士ガンダム』の"赤い彗星"ことシャア・アズナブル氏が表紙を飾ることになりました!!

実在しない人物が表紙になるのは88年の創刊以来わずかだそうで、今回は異例の起用なんだとか。

誌面では『ガンダム特集』が組まれ、人生をガンダムに学んだ人の物語や歴代モビルスーツ一覧が掲載されるそうです。

AERA_Char.jpg

出典 スポニチアネックス,AERA
さらに、“できる男の哀しき恋愛史”ではシャアの女性遍歴と恋愛哲学なども詳細に解説されているとのことで、かなり楽しみな内容になっています。

普段AERAを見ない人でも手にとってしまいそうですよね。

このアエラ表紙のシャアを描いたのは、もちろんあの漫画家・安彦良和さん。

御年67歳にしてまだまだ腕は衰えていません!

シャア・アズナブル(キャスバル・レム・ダイクン)やガンダムを語る上で、安彦さんの絵は外せない必要不可欠なものになっています。

ライフワークとして執筆していた『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』のアニメも安彦さん自身が総監督を務め、2月28日から全国13の映画館で2週間限定で上映されます。

そのアニメ『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 1 青い瞳のキャスバル』の内容は、シャアとシャアの妹のセイラの父であるジオン・ズム・ダイクンが急逝したことによってもたらされた流転の物語で、全4話構成なんだそうです。

AERAを読んでシャアの生き様を学び、アニメをより楽しむための材料にするのも良いかもしれません。

待ちきれない方は、THE ORIGIN公式サイトで予告編をご覧くださいね。

ちなみに、THE ORIGINのカラー漫画がComicWalker(コミックウォーカー)で無料で見れます。

順次アップされるとのことですので、この機会にシャアの人生を覗いてみてはいかかでしょうか。


スポンサーリンク

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

USJで大人気のハリーポッターの新作短編が、ハロウィンに再び発表!?主人公の『ドローレス・アンブリッジ』ってどんなキャラ? [文学]

スポンサーリンク

世界的にベストセラーとなった『ハリー・ポッター』シリーズの著者、J・K・ローリングさんが現地時間の10月31日、ハリー・ポッター関連情報サイト『Pottermore.com(ポッターモア・ドットコム)』でシリーズの新作短編を発表することが決まったそうです。

この新作は、シリーズ5作目である『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』から登場する女性キャラクター『ドローレス・アンブリッジ』が主人公の物語のようです。

ドローレス・アンブリッジは魔法省の『魔法大臣上級次官』という肩書きの役人であり、5巻では『ホグワーツ魔法魔術学校の改革』のために教授として派遣されてきたキャラクターです。

Harry Potter 05.jpg 出典 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団


このキャラクターを演じたのは、イギリス女優のイメルダ・スタウントンさん。

『Pottermore.com』によると、『アンブリッジは『ハリー・ポッター』のキャラクターの中で最も意地悪なだけでなく、ヴォルデモート卿を除いて唯一ハリーに傷を残した人物です』とのこと。

新作短編では、1,700語ほどの長さでこのアンブリッジについての過去が明らかにされるようです。

これを読めば意地悪になった理由が分かるのでしょうか!?内容がとても気になります。

もう新作を出すことはないと宣言していたJ・K・ローリングさんですが、以前にも30代になったハリーの短編や、魔法界の人気歌手『セレスティナ・ワーベック』を描いた短編を『Pottermore.com』で発表しています。

もう長編は描かれることはないのでしょうが、こういう遊び心はファンにとっては楽しいですね。
10月31日の発表を心待ちにしたいと思います!!


スポンサーリンク

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。